コンテンツ


今でも忘れられないファイナルファンタジーⅦ

私はこれまで色々なハードで沢山のTVゲームを楽しんできました。

色々なハードで 沢山のTVゲームで あそんできました。

その数ある多くのゲームタイトルの中で、今でも忘れられないゲームがあります。それはプレイステーションのゲームだったファイナルファンタジーⅦです。正直最初は買って損しちゃったかなと思ったりしました。何故ならそれまでのFFシリーズのファンタジーぽっさが感じられなかったからです。

どちらかというとストーリーも暗い感じがしましたし、子供だった私がFFⅦを受け入れるまで時間が必要でした。ところがゲームを進めていけばいくほど、独特な世界観へと私ははまっていったのです。しかしヒロインのエアリスが死んでしまうなんて思ってもいませんでした。それまでのゲームはヒーローとヒロインのハッピーエンドが多かったんです。それだけにプレーヤーの私にとっては、結構衝撃的な内容だったと記憶しています。登場してくるキャラクターもそれぞれに個性があって良かったですし、カッコよかったり可愛いかったりで魅力的だったと思います。戦闘シーンもスーパーファミコンから格段の進化。

必殺技や召喚獣の美しさに感動したこともよく覚えています。質の高いミニゲームにいったい何時間費やしたかは分かりませんが、学校から帰ると夜中までずっとプレイするという日々が続いていました。ゲームをクリアした時の達成感はとにかく言葉にならないほどだったんです。勉強もしないで遊んで両親に怒られるほど熱中したFFⅦは、私にとって生涯一番のゲームであり続ける様な気がしています。


1番好きなゲームはスマブラ

スマブラと言ってそのタイトルが通用するのはゲーム好きだけかもしれないが、このゲームはかなり知名度があるゲームだと思っている。スマブラは通称であり、スマッシュブラザーズが正式なタイトルである。

かなり知名度があるゲーム

初代はNINTENDO 64からである。このゲームを最初にしたのは今から13年ぐらい前である。

当時中学生だった頃友人数人とこのゲームで遊んだものだ。ただひたすらに乱闘をするだけのゲームだが、なんとなく面白かった。そしてそれから3年後のぐらいにゲームキューブで発売されたので購入した。高校の友人とよく遊んだのを覚えている。そしてまた3年後ぐらいにWiiで発売された。これは発売初日の朝から並んで購入したぐらいである。自分自身が並んでまでゲームを購入することなど今まで一度もなかったが、それぐらいに期待していた作品である。買って数日間は時間さえあればスマブラをしていた毎日。今ではWiiUや3DSで新作が登場しているが、それでもWiiのスマブラを楽しんでいるのであります。間違いなく1番好きなゲームです。